女優とアイドルのニュースまとめ

日々活躍する女優やアイドル、今は懐かしもう一度見たい女優やアイドルについて日々書いていきます。
おすすめは誕生日のカテゴリー検索です。
自分と誕生日が同じだったら応援に力が入るかも!

    カテゴリ: その他のニュース



    (出典 i.pinimg.com)


    ちょっとふっくらしてる感じが性格良さそうでかわいいのです。
    これ共感してもらえますかね。





    毎年恒例「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー」の第8弾となる2021年版が、6日に発売された。宮澤智アナを筆頭に永島優美アナ、宮司愛海アナら総勢17人の女性アナウンサーが華やかに1年を彩る。

    今年のテーマは「フジテレビへようこそ」。社屋を中心にオールフジテレビで撮影され、アナウンサーたちにとって慣れ親しんだ仕事場が舞台に。自然でリラックスした表情満載の一冊に仕上がった。

    制作は三上真奈アナが統括、杉原千尋アナが衣装担当に挑戦し、スタイリングメイクに至るまで愛情たっぷりにプロデュース。意欲作であることが伝わるコメントも到着した。

    ■三上真奈アナ
    フジテレビにはスタジオ以外にこんな場所があるんだ! と色々な発見をしてもらえるとうれしいです。プロデューサー初挑戦でしたが、衣装担当の杉原千尋アナウンサーや、皆さんに助けてもらい、すてきなカレンダーに仕上がりました。

    こういう大変な時期だからこそ温かみのあるカレンダーにしたいと思い、それぞれのアナウンサーから直筆のメッセージをもらい掲載しています。カレンダーをめくる度に、言葉のぬくもりを感じていただき、みなさんと毎日の大切な時間を一緒に刻めたら幸せに思います。

    ■永島優美アナ
    全編社屋撮影と聞き“これは逆に斬新!”と思いました。1月を担当しましたが、撮影場所のエントランス・オブジェは、フジテレビの昔のロゴ“8”をあしらったデザインで、まさに“フジテレビへようこそ!”な一枚に仕上がりました。

    毎朝『めざましテレビ』の最後に心を込めてお伝えしている大切なメッセージを書きました。今は“今日も良い一日をお過ごし下さい”とごあいさつすることしかできませんが、いつかまた、元気にお見送りできますようにという願いを込めています。

    ■宮司愛海アナ
    社内にある本屋さんで撮影をしたのですが、いつも通う馴染みの場所が、見事にカレンダーの舞台に変身していました! また、今回は『S-PARK』でも一緒に仕事をしている後輩、鈴木唯アナウンサーコンビを組みましたが、息はぴったりだったと思います(笑)。お互い何冊か本を持っているのですが、写真映えする色合いやちょうど良い冊数など、試行錯誤しながら楽しく撮影することができました。

    去年は“お台場”そして今年は“フジテレビ”が舞台です。社内で働く人以外はなかなか見る機会のない場所も多くあります!こんな場所で私たちアナウンサーが働いているんだなぁと身近に感じていただけたらうれしいです。

    ■表紙出演アナウンサー
    宮澤智、内田嶺衣奈、三上真奈、永島優美、小澤陽子、新美有加、宮司愛海、鈴木唯、 堤礼実、永尾亜子、海老原優香、久慈暁子、井上清華、杉原千尋、藤本万梨乃、佐久間みなみ、渡邊渚(※入社年度順)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)




    ↓三上真奈アナのかわいい写真集め!
    【フジ女性アナ17人がカレンダーに登場!☆三上真奈アナの写真集めたよ。だってタイプなんだもの】の続きを読む


    キャプテン菅井友香「この名に恥じないような誇り高いグループに」 とのことです。

    これはファンの総意ではない私だけの意見なのでしょうが、正直言って今回の改名が心からは喜べないです。
    秋元康プロデュースのグループはAKB48から乃木坂46まですべてのグループで地名を背負って活動しています。
    欅坂と日向坂は地名による力の入れ具合はAKBグループほど強くないとしても地名をグループ名に入れてアイドル戦国時代を戦っていることは同じです。

    グループで不祥事を起こしてその名前を語ることがその土地に対していいイメージを与えないと判断したのならば改名は仕方ないと思います。
    しかし、欅坂46は各メンバーの自覚の足りない行動や平手友梨奈一強体制による批判はあったとしてもアイドルとしてやるべきことはやってきましたし、たくさんの素晴らしい活動と楽曲を残してきました。

    改名するのならば、これからさらに欅坂を盛り上げていくという意味を込めて欅坂という地名を残すか、グループとして自信がないのならば地名を使うのをやめるべきです。
    アイドルの宿命ですが、若い女性が集まるがゆえ、自由に決められないことの方が多いだろうと思います。
    今回の改名案にはメンバーは関わってはいないでしょうからこんなことを言っても仕方ないですが、これから「サイレントマジョリティー」や「アンビバレント」の「僕は嫌だ!」というセリフもしくは歌詞のパワーはかなり弱まってしまいました。
    櫻坂46がどのような方向を目指して活動するのか、全員が足並みを揃えて歩めるかは不明な部分が多いですが、このブログでは応援することを約束します。




    1 ジョーカーマン ★ :2020/09/21(月) 07:14:23.69 ID:CAP_USER9.net

    20日、新グループ名が「櫻坂46」(さくらざかふぉーてぃーしっくす)となることが明らかになった欅坂46。
    明けて21日、「櫻坂46」のロゴが解禁されるとともに、キャプテン・菅井友香のコメントが到着した。

    菅井友香、新グループ名を初めて聞いて…
    菅井は「この度、私たちは欅坂46から櫻坂46として生まれ変わることになりました。ラストライブを終えたら私たちは櫻坂46として活動をしていきます」とファンに新グループ名を報告。
    「初めてこの名前を聞いたときは、日本を代表する花の名前をグループ名として名乗れることを凄く嬉しく感じましたし、この名に恥じないような誇り高いグループになりたいと強く思いました」と心境を語っている。

    櫻坂46、グループカラーは“なににも染まっていない白”
    欅坂46は10月12日、13日のラストライブをもって、欅坂46としての活動は幕を閉じ、新たに櫻坂46として活動していくことになる。
    新グループ名となる「櫻坂46」は、実在する「さくら坂」で、東京・六本木の「けやき坂」に隣接する縁ある坂。
    「櫻」は旧字が採用され、なににも染まっていない白がグループカラーとなる。

    渋谷駅前の街頭ビジョンでサプライズ発表
    「櫻坂46」の改名は20日夜、渋谷駅前の街頭ビジョンにてサプライズで発表され、その後、欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京系/毎週日曜24時35分~)の合間のCMでも同じ映像が流れ、ネット上で大きな話題となっていた。

    菅井友香「満開の花を咲かせられるように」
    菅井は「新しいグループになって、これまで欅坂46として経験してきたことも大切にしつつ、メンバー、一丸となって、新しいことにもどん欲に挑戦していきたいと思います。そしてファンの皆さんと一緒に満開の花を咲かせられるように頑張っていきたいと思います」と決意を新たにしている。

    菅井友香・コメント全文
    この度、私たちは欅坂46から櫻坂46として生まれ変わることになりました。ラストライブを終えたら私たちは櫻坂46として活動をしていきます。

    初めてこの名前を聞いたときは、日本を代表する花の名前をグループ名として名乗れることを凄く嬉しく感じましたし、この名に恥じないような誇り高いグループになりたいと強く思いました。

    新しいグループになって、これまで欅坂46として経験してきたことも大切にしつつ、メンバー一丸となって、新しいことにもどん欲に挑戦していきたいと思います。そしてファンの皆さんと一緒に満開の花を咲かせられるように頑張っていきたいと思います。

    10月12日、13日のラストライブまでは欅坂46として悔いの残らないように全力で走り抜けたいと思います。欅坂46としての私たちも、そして櫻坂46として生まれ変わる私たちもこれまでのように見守っていただけたら嬉しいです。

    皆様これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    http://mdpr.jp/news/detail/2231901

    「櫻坂46」ロゴ解禁

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    「櫻坂46」改名を渋谷駅前の街頭ビジョンにてサプライズ発表
    http://video.twimg.com/ext_tw_video/1307649939476938753/pu/vid/720x1280/sptlGIVWpv_t-ajv.mp4

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    欅坂46

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    キャプテン菅井友香

    (出典 pbs.twimg.com)


    【欅坂46→櫻坂46に! ロゴ解禁!グループカラーはなににも染まっていない「白」】の続きを読む



    (出典 joseiana.com)


    この番組はラジオでしか話せないような下ネタもたくさんありますから、
    大橋未歩さんも下ネタ耐性がつきました。





    14日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、恋愛に関する話題について議論。番組アシスタント大橋未歩が、MCのふかわりょうに不満を漏らした。

    ■大橋が持論を展開

    この日の番組では、恋愛において「『顔だけが好きな人』と『顔以外の全部が好きな人』のどちらがいいか」という話題について議論。

    このことについてコメントを求められた大橋は、「話が合うっていうのが絶対だと思うんですけど」とした上で、「私は『顔』より『顔つき』を重要視していて、言葉って話していて嘘つけると思うんですけど、顔つきって嘘つけない気がするんですよ」「自分が好きな顔つきって、じつは潜在的に相性がいいんじゃないかな」と持論を展開した。

    関連記事:『5時に夢中』生放送中の交尾にスタジオ騒然 「神回すぎる」と話題に

    ■マツコのフォローに称賛の声も

    ふかわは大橋のコメントを受け、「なるほど、ということは顔重視ということになりますよね」と話をまとめようとしたところ、大橋は食い気味で「顔つき!」と反論。

    このやり取りを聞いていた番組コメンテーターマツコ・デラックスは、「大橋さんが言ってるのは顔つきの話よ。好きな顔なんだけど全然興奮しない人と、全然興味ない顔なんだけどものすごいそそられる人っている」と大橋をフォロー。すると大橋は、「その通りです!」と満足そうな表情を見せた。

    ■日本語は難しいと感じる人は…

    「顔」と「顔つき」のように、似たようなワードでありながら、ニュアンスが違う日本語も多く、難しさを感じる人もいるのでは。しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の68.5%が「日本語は難しいと思う」と回答した。

    大橋の考えを汲み取ったマツコのコメントに対し、視聴者からは「マツコ、ナイスフォローだな」「地味にニュアンスが難しい話だね」といったコメントが寄せられている。

    ・合わせて読みたい→マツコ、店員に「ごちそうさま」を言わない人に違和感 「なんか…」

    (文/しらべぇ編集部・北田力也

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
    対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

    大橋未歩、ふかわりょうのまとめ方に不服 マツコのフォローに称賛の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    ↓大橋未歩の妖艶な写真まとめ 【大橋未歩&ふかわりょうが進行「5時に夢中!」夕方家にいる方におすすめの番組☆大橋未歩の妖艶な写真まとめ】の続きを読む

    「はたらく細胞」より、赤血球役の花澤香菜と白血球役の前野智昭にインタビュー/[c]清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

    アニメを少し見てみましたが、設定が面白いですね。
    動画は花澤香菜さんの活躍のまとめです(^_-)-☆




    人間の体内で“はたらく”細胞たちを擬人化し、体外から侵入した細菌を退け、異物を排除したりする様子をわかりやすく描いた清水茜のコミックはたらく細胞」。2018年に放送されたテレビアニメも人気を博し、2021年1月からは第2期の放送も決定している。これに先がけ、第2期に登場するエピソードの一部を先行上映版としてまとめた『特別上映版「はたらく細胞!!最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』が現在公開中だ。

    【写真を見る】花澤香菜も絶賛の、かわいい乳酸菌たちと一般細胞。クロ、アカ、ブチ、パンダはぬいぐるみのような姿

    第1期から引き続き、酸素など栄養分を体中に届ける赤血球を「PSYCHO-PASS サイコパスシリーズ花澤香菜が、細菌やウイルスを除去する白血球(好中球)を「KING OF PRISMシリーズ前野智昭が担当。メインキャラクターを演じる二人に、シリーズへの思いや特別上映版の見どころ、健康に対する意識の変化なども語ってもらった。

    ■「血小板ちゃんコスプレをしている方がたくさん」(花澤香菜)

    ――第2期の制作が決まった感想、本作への周囲の反響を教えてください。

    花澤香菜(以下、花澤)「第1期が終わったあとも原作は続いていて、アニメ化されていないエピソードもたくさんあるので、また赤血球を演じられるのはうれしかったです。ハロウィンシーズンに、友だちからUSJで撮った画像を送ってもらったことがあったのですが、血小板ちゃんコスプレをしている方がたくさんいて、こんなふうに『はたらく細胞』を好きだと表現してくださることに感激しました」

    前野智昭(以下、前野)「1期の時に、いろいろなところから『観ているよ』と声をかけていただいて、すごく好評なのは感じていました。チームのみんなとも、『2期、3期と続けていけたらいいね』と話していたので、本当に2期が決まった時はうれしかったですね。ありがたいことに、1期終了後もいろいろなコラボで白血球を演じさせていただきました。ダミーヘッドマイクに向かってセリフをささやいたことが特に印象に残っています」

    花澤「白血球さんはなんて言ったんですか?」

    前野「おでこをくっつけて、『ん~少し熱があるな』みたいな…。本編では出てこないシチュエーションだったので、ノリノリでやれて楽しかったです」

    ■「乳酸菌がどのように人体に働きかけるのもわかりやすく描かれています」(前野智昭)

    ――お二人が演じたキャラクターへの印象はいかがでしたか?

    花澤「赤血球は栄養素を体内のいたるところに運んでくれます。彼女自身はドジっ子で、トラブルにも巻き込まれやすいのですが、いつも前向きでへこたれることなく、頑張っている姿が印象的でした。よく細菌に襲われるので、それに対して素直にリアクションすることを心がけましたね」

    前野「白血球は任務に忠実で、どんな犠牲もいとわないのですが、決して冷酷というわけではなく、影から赤血球を見守る器の大きなキャラクターです。僕の男性の理想像でもあったので、演じるのはすごく楽しかったですね。ただ、毎年人間ドックで診てもらっているのですが、僕の白血球は人より少ないみたいで…(笑)なんとかして、増やさないといけないとも思っています」

    ――特別上映版では、一般細胞と迷子の乳酸菌とのエピソード、がん細胞との再決戦が描かれます。見どころなどを教えてください。

    花澤「乳酸菌はとにかくかわいいです!あの子たち『にゅー』しか言わないんですけど、一般細胞に懐いている様子などは観ていて癒されます。白血球さんたちとがん細胞との戦いは、1期の時も複雑な気持ちになりました。がん細胞の気持ちを知っている白血球さんが、今回はどのように立ち向かうのかも楽しみにしてほしいです」

    前野「再び、がん細胞に白血球とメモリーT細胞、NK細胞が対峙するわけですが、今回は意外なキャラクターが敵として立ちはだかるので、このあたりの関係性も見どころかなと思っています。あと、体に良いと言われる乳酸菌が、どのように人体に働きかけるのもわかりやすく描かれています」

    ■「“ものもらい”は中原麻衣さんのキャラクターだったんだ」(花澤香菜)

    ――本作に出演されて健康への意識に変化はありましたか?

    花澤「“ものもらい”になりやすいのですが、黄色ブドウ球菌が原因みたいで、『中原(麻衣)さんのキャラクターだったんだ』と思うようになりました(笑)キャラクターを通して菌の名前を覚えられてしまうので、健康をより身近に感じられるのも本作の魅力ですね」

    前野「香菜ちゃんが赤血球を演じるところを見てきたので、本当に無駄な血は流せないです(笑)。過去にアニサキスで苦しんだ経験があるのですが、あの時は(好酸球役の)M・A・Oちゃんが頑張ってくれていたんだなと、親近感を覚えるようにもなりましたね」

    ――花澤さんと前野さんは共演作も多いですが、お互いにしっくりくるところはありますか?

    花澤「キャッチボールみたいに、こちらが投げたボールをなんでも受け止めてくださるので、私は自由に演じさせていただいています。白血球と同じく前野さんも安心感のある方なので、仕事場で会った時のうれしさなどは、赤血球の気持ちともシンクロしますね」

    前野「香菜ちゃんは良い意味で、すごくおもしろいお芝居をしてくれます。自分には持っていない変化球をたくさん投げてくれて、『ちょっとコメディに振ってくれますか?』というオーダーがあれば、瞬時におもしろい表現をされるので、瞬発力でもとても刺激を受けています」

    体を守るため、一生懸命にはたらく細胞たちを応援し、健康についても考えるきっかけをくれる「はたらく細胞」。よりパワーアップした来年スタートの第2期への期待も込めて、この特別上映版で赤血球や白血球(好中球)たちの活躍を見守りたい。

    取材・文/平尾嘉浩(トライワークス)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    ↓花澤香菜のかわいい写真集め
    【アニメ「はたらく細胞」赤血球役の花澤香菜にインタビュー☆応援スレからたくさんの写真!】の続きを読む


    代謝がいいってことですよね。
    アスリートらしさを時々見せてくれるところが好きです!




    9月8日放送のTBS系『グッとラック!』に、広瀬アリスVTR出演した。

    【別の記事】広瀬アリス、撮影で“女優風”を吹かせたことが招いたハプニング「うわぁ…って顔されて」

    VTRの中で、広瀬は、“私バカよね~”というテーマを受けて「私、芸能界の女優ナンバーワン汗っかきと言っても過言ではないぐらい汗かくんですよ」と切り出した。

    続けて「この前、ドラマの撮影をしていて」「私と相手の方と2人でばーって長台詞話している間って、一切見ないんですよ。お互いの顔を」と説明。

    そして、長台詞を言い終わった後が、お互いに見つめ合うシーンだったとして、「私、シャワー浴びたかのようにビッチャビチャになってて」「相手の方が『フフッ』って笑っちゃったんですよ」と明かし、「そのまま続行したっていう」と語った。

    広瀬アリス、ドラマ撮影中、出演者に笑われてしまった理由とは?「ビッチャビチャに…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【広瀬アリスのビッチャビチャの話☆ロッテのマーティン選手と似てる証拠写真つき】の続きを読む

    このページのトップヘ